ありがとうございました
 

全国大会in千葉 開催への御礼


親愛なる日創研経営研究会の皆様へ


5月8日、9日の2日間、全国各地からゴールデンウィーク明けにも関わらず、たくさんのご来場、ご参加頂けましたこと、心から御礼申し上げます。誠にありがとうございます。
千葉経営研究会を代表として、一言御礼を申し上げます。
全国に4200名の経営研究会の会員が学んでいる中、今大会へ1260名という過去最高の参加人数になったことは、大変喜ばしいことだと実感しております。しかし、このことは、過去から今日に至るまで、学び続けていいらっしゃる歴代会長、事務局長、また、地域への働きがけをしてきた会員の諸先輩の方々によることが活動の源泉となっており、結果、より多くの参加を促したことと思っております。諸先輩方、「ありがとうございます」。

千葉経営研究会会長 高橋光孝
今回の学びは、山崎直子氏の夢・希望を持って進む大切さや、亀田隆明氏の時代の変化に対応する能力の高さとマネジメント能力の必要性、そして、上澤 昇氏による、マニュアルを超えたディズニーワールドの理念実現と実践してきたホスピタリティーなど講演内容が、素晴らしいもだと思いましたが、いかがでしたでしょうか?そして、懇談会では、JAZZによる演奏が、老若男女問わずの演奏曲、また、演奏者の方々の年齢からくるスピリッツ。ご迷惑をおかしたのは、会場に入りきれなかった方々の座席。あまりにも広大な客席数により会場はパンク寸前。私達の気づかぬ所で多々府行き届きの点もあったかと存じます。しかし、それを救ってくれたのは、やはり「共に学ぶ仲間」でした。
裏方では、千葉を主管としながらも、副主管の皆様の温かな応援とサポート。そして、全員が、成功への達成感というスパイラルに巻き込まれていく様は、まさに、サムシング・グレートでした。全員の心が一つになる感動とは、このことだったのでしょう。計算された大会ではなく、全員の心が最後に華を咲かせました。そして、今大会における大切なミッションが、実はもう一つあります。それは、千葉県での日創研の認知にありました。今回会で千葉県の商工労働部長が、来賓され認知して頂ける良いきっかけになりました。今後は、県への認知を更に深め、学び続ける会として、結果をつくっていきたいと思います。
仙台の皆様から多大なるご教示のお蔭で、大きく前進した今大会を、歴史と伝統の京都へ、さらに素晴しい大会にしてくれることを祈念いたします。
日創研 経営研究会は、可能思考教育を受けた積極的な人たちの集まりです。「共に学び・共に栄える」この理念を掲げ、これからも中小企業の活性化に大きく前進することを誓い、結びの挨拶といたします。

2014年5月 吉日
千葉経営研究会  会長  高橋 光孝

全国大会in千葉 閉会にあたり


今回の全国大会におきましては、ゴールデンウィークの直後という時期にも関わらず、全国各地からたくさんの会員の皆様に、ご参加頂きまして本当にありがとうございました。
大会まで、本当に多くの皆様から、ご協力・ご援助・アドバイス・応援をして頂きました事、有難く心より深く感謝申し上げます。そして、足掛け5年をかけて、開催日・開催場所・メイン会場・宿泊ホテル・講師陣等を主管・副主管の仲間と共に、どのようにしたら、全国の仲間の皆様に喜んでもらえるかということを話し合ってきました。
今回の大会を通じて、皆様の会社の経営に何か一つでも、お役に立つことがあったり、問題解決のヒントが見つけ出すことが出来たり、信念を確認することが出来たり、喜んで頂けたりしたら幸いです。

全国大会実行委員長 安藤博章
【全国大会in千葉】にご参加頂きました会員の皆様に、十分な配慮やおもてなしが出来なかったりしたことや満足を提供出来なかった点は、多々あったと存じますが、大会の責任者として心より深くお詫び申し上げます。しかしながら、主管・副主管の経営研究会が、組織成立の3要素@協働の自発性を発揮出来たりA共通の目的を共有化出来たりBコミュニケーションが多く取れたりして、絆が深まったことや、一人一人の人間力が高まったような気が致します。

最後になりますが、主管・副主管を代表致しまして衷心より感謝申し上げます。本当に、ありがとうございました。

2014年度全国大会in千葉 実行委員長
安藤 博章
 
お問い合わせ
お申込受付