2018年 経営戦略委員会

2018年度 経営戦略委員会 活動方針
委員長 宮本 浩二

研究テーマ コア・バリューの追求

~強みにこだわった経営計画書の作成~

 会員企業の真の100%黒字化実現のため、経営計画書100%作成と自社の真の強みであるコア・バリューの追求をしていきます。
まだ経営計画書を作成していない会員さんには、作成していない理由のヒアリングを行う、経営の羅針盤である経営計画書の作成メリットを理解していただき、自社の強みにこだわった経営計画書作成100%を目指します。更に、自社のカオ・バリューとは何かを追求し、それを大切にし、それを実践することにより、会員企業100%黒字化を実現していきまうs。中期網kヒュ落として、経営計画書の中に、自社のコア・バリューとコア・コンピタンス経営の具体的実践方法を落とし込んでいきます。

1) 活動方針

『経営計画書作成100%達成』

2018年度は2020年以降も勝ち残っていけるための自社及び他社のコア・バリューの追求を進めていきます。
まず、自社を取り巻く現在及び将来の市場環境を分析した上で、外部環境の変化や財務分析などを学び、自らが理念とビジョンに沿った業績向上を生み出す戦略を作っていきます。
そして会員さん同士がお互いに自社の経営を本音で語り合い、気づきやヒントを得て、自社の強みを発見する事により、ワクワクしながらフル活用できる計画書を作り上げます。
年度目標として、①経営計画書を会員さん全員が作成する事を目指します。②9月開催の大阪全国経営発表大会への発表・参加促進を行い、発表者10名、かつ、アドバイザー20名、合計参加者30名を目指します。

2) 活動内容

①委員会活動

隔月1回、委員会活動を行い、勉強会及び担当例会の内容と大阪全国経営発表大会の準備について打ち合わせを行い、メンバー間のコミュニケーションの向上を図っていきます。

(目標参加率 平均80%)

② 会員の経営計画作成を支援する

第1回~2回(2月・4月)
他社のコア・バリューについて研究を行い、学びを深めるとともに自社のコア・バリューの発見を目指していきます。
第3回(5月)
経営計画書を作成し、業績を上げている会員企業に出向き、経営計画書の総論と解説を実施してもらいます。
第4回(6月)
自社の強みと弱み、市場環境分析を行った後、クロッシングを作成していきます。
第5回(6月)
財務数値について学んだ後、短・中期経営計画を実際に作成していきます。
第6回(7月)
7月例会のプレ発表を行い、お互いの経営計画書をブラッシュアップしていきます。
第7回~8回(8月~9月)
大阪全国経営発表大会のフォローアップを行っていきます。
第9回~10回(10月~12月)
全国経営発表大会の振り返りを行うと共に、経営計画書の実践方法について、落とし込みを行います。また、コア・バリューについても学びを深めていきます。

(目標参加率 平均80%)

③ 会員の経営計画書作成を支援する

今まで経営計画を作成していない会員については、経営戦略委員会でチームを結成し、ヒアリングとフォローアップを行う。また、経営計画にそって実践されている企業のベンチマークを行い、経営計画を作成する事の重要性と有効性を取りまとめ、啓蒙を行っていく。

④ 例会 経営計画発表会の開催

自社の経営計画を、プレゼンの訓練も兼ねて会員企業にむけて発表し、アドバイスを受けます。そのアドバイスをもとに、修正及び改善を加え、より良い経営計画にブラッシュアップしていきます。

(目標参加率 80%)

3) 事業計画

1月

委員会①

7月

委員会④
勉強会⑥(担当例会)

2月

勉強会①

8月

勉強会⑦
(全国大会フォローアップ)

3月

委員会②

9月

委員会⑤
(全国大会フォローアップ)

4月

勉強会②

10月

勉強会⑨
(全国大会の振り返り)

5月

委員会③、勉強会③

11月

委員会⑥
(成果発表の準備)

6月

勉強会④、⑤

12月

勉強会⑩
(成果発表)

2018年度 経営戦略委員会
委員長 宮本 浩二