2018年 ありがとう経営推進委員会

2018年 ありがとう経営推進委員会 活動方針
委員長 児玉 円

研究テーマ
ありがとう経営の実践!  

コア・コンピタンス経営の追求

 毎日のように様々なことが、国内外で起きております。2020年に は、日本国内だけでなく世界経済の激震が始まってもおかしく ありません。国家でも草創期、成長期、成熟期、衰退期の4段 階がありますが、まさに企業も同じです。だからこそ、我々中小 企業は、競合他社には真似のできない核となる能力=コア・コ ンピタンス経営が求められてきます。戦わずして勝てる企業の集団になる為に、皆さまと一緒に学びを深めていきます。

1) 活動方針

社員さんを大切に想い育てる→お客様や取引先様に喜んで頂く→よりありがとうを頂く努力をする→商品サービスの開発 をする→他社にまねできない企業になる。これがありがとう経 営の目指す姿です。ですから、社員さんを強くしなやかな人財 に育てられる企業の仕組みそのものがコア・コンピタンス経営 の基礎になると考えます。ありがとう経営推進委員会ではコ ア・コンピタンスをつくりだし業績をあげている企業から、社員さ んに対して取り組まれている、ありがとう作りの事例研究を通して、実のある学びを行います。

2) 活動内容

①ありがとう経営の研究

「共に学び共に栄える」精神をもって、コア・コンピタンス経営を実践され成果を上げている企業さんを徹底的にベンチマーク していきます。また、委員会勉強会では、ベンチマーク体験の 議論を行い、戦わずして勝つ企業の定義を作成していきま す。例会では、ありがとう経営のレクチャラーをお呼びして、コ ア・コンピタンス経営をテーマとした例会を開催いたします。 (例会参加率 80%)

全国大会の参加人数の目標

2018年は北九州経営研究会が主幹となり、イノベーションを テーマとした全国大会が開催されます。2020年を目の前にし て、経営者自身が経営革新の目覚めを得る素晴らしい機会と なります。また、北九州への学びの旅という共通体験の場で、 仲間との絆を深めてまいりましょう。(参加目標 30名)

③ 13の徳目朝礼を使った企業の活性化

13の徳目を活用した朝礼は、ありがとう経営そのものです。朝 礼で活用され活性化できている企業様のベンチマーク及び 朝礼への参加を実施していきます。三役会・理事会・例会委 員会活動で、一番、最初に13の徳目朝礼を必ず実行していき ます。(導入率目標 70%)

3) 事業計画

1月

顔合わせ
徳目朝礼大会準備

 7月

例会打合せ

2月

企業訪問
徳目朝礼大会ブロック予選

 8月

担当例会
振り返り会

3月

勉強会

 9月

勉強会

4月

企業訪問

10月

企業訪問

5月

企業訪問

11月

成果発表準備

6月

例会打合せ
勉強会

12月

成果発表

2018年 ありがとう経営推進委員会
委員長 児玉 円