2018年 会長方針

2018年度 日創研 千葉経営研究会

会長方針

【会員企業黒字100%を目指す】

日本一本音で話せる経営者の会を創ります

 今年の田舞本部会長方針は、危機感溢れる方針となっております。 政府が掲げている働き方改革は中小企業経営に与える影響は大きく、労働人口の減少 に追い打ちを掛けており収益性の低い会社は退場しろと言わんばかりであります。

 そんな厳しい危機感溢れる状況の中、経営研究会の役割は、経営研究会でしか出来ない 「本音で語り合える場」を創っていく事です。

 会長任期の2年間で「会員企業真の黒字100%」を達成する目標を掲げており1年目の 経験を踏まえて下記に5つの方針を示します。

方針1
全ての源は、「活性化された委員会活動」です。委員会活動を徹底して活 性化させよう

 委員会の活性化が会の活性化の全ての基本と考えます。1人1人が委員会に自発的に関 わっていく事で私たちの会は理想の会となりさらに栄えていくのです。委員会を活性化させ ることが勉強会を・例会を・全国大会を・自社の真の黒字化を・さらにこの社会を繁栄させ る源泉になるのであります。
 委員会単位で活発に活動して下さい。小集団で仲良くなってください。仲間の企業に企 業訪問して「経営発表」をしてもらい、自己開示された発表を聴いて社外取締役としての立 場でフィードバックし、大きな気づきや学びのある会風を創っていって下さい。
 その為に今期は組織をシンプルに1委員会に副会長1名 委員長1名 副委員長2名の 体制にしました。
 委員会の活性化により、本部会長方針の「方針2・退会者防止」は、委員会で絆を強め ていく事で防止されます。「方針5・ありがとう経営の推進と会員増強」「方針7・例会参加 率新入会員さんのフォロー」も委員会内での本音のコミュニケーション次第で達成されるも のだと考えます。
 委員会活動をPDCAのPから参画して自分事として委員会と捉えて1年間活動して行っ て下さい。

方針2
本当に学びのある勉強会 例会の開催。(黒字化100%に近づく行動をし よう)

 勉強会 例会を本当に学びのあるもの自社の業績に結びつくものにして、会員さんの会社 の真の黒字化に寄与出来るようにしていきます。
 本部会長からも本当に学びのある例会としての「経営白熱教室」例会の「理念と経営」 ビジネスモデル討論例会を具体的に示されてます。
 本当に学びのある勉強会は?例会は?を委員会内で早期に話し合ってPDCAを回し各自 が自分事として捉えながら委員会全体で創り上げて行って下さい。
また、自分たちで例会を
創る事で経験出来る、例会開催のノウハウも学んでください。

方針3
可能思考研修90%修了と会員さんへ必要な研修の斡旋

 「共に勝つ」という可能思考で生きている仲間同士という事がこの会の根底にあり、信頼 関係が出来てる理由でもあります。それがあるので可能思考研修100%修了を目指します。 今年は、90%必達を目標にします。さらに真の黒字化の為には、会員さん一人一人に合った研修を紹介し受講して頂く事が必要だと考えます。日創研の研修にも予算を使って参りま す。また経営相談室がこの会にはありますので、相談員にどんどん相談して頂き会を活用し て参ります。

(PSV受講可能者90%受講 TTコース5名受講)

方針4
もっと「共に学び 共に栄える仲間」を創ろう

 本部会長方針7に「会員の増強」があります。「あの会に入ると業績が上がる」「ためにな る」という評価を得なければ経営研究会の存在意義がありません。、未会員企業で経営に 悩んでいる、苦しんでおられる経営者に「黒字が当たり前の会風の千葉経営研究会」に入 会して頂き悩みを解決し、業績アップをしてもらう。この事が社会貢献になり我々も大きな 学びを得る事が出来るので今年も目標を掲げて会員の増強を行って参ります。

(2018年12月 会員数120名)

方針5
北九州全国大会、そして2019年神奈川全国大会を副主管として成功させよう

 2018年北九州全国大会の参加は、我々にとっては、2019年の神奈川全国大会の副主管 としてプロモーションする役割があります。2014年千葉大会では、多くの学びがありまし た。そして多くの方々に援助を頂きました。今度は、我々が恩返しをする番であり多くの学び を経験出来る場となります。全国大会の準備は2年前からスタートしますので、会員の皆様 にお手伝いを頂く事がありますがよろしくお願い致します。

(2018年北九州大会参加 30名)

2018年度 千葉経営研究会 会長 菅澤 敬一


【委員会の方向性】

ありがとう経営推進委員会

  • 5月の北九州全国大会の幹事 参加推進 (目標 30名)
  • 13の徳目朝礼導入率アップ(現在36.7% 目標70%)
  • ありがとう経営についての研究
  • 会員企業の企業訪問プラス経営発表

経営理念委員会

  • 「理念と経営」勉強会の導入率アップ現在(46.8% 目標70%)
  • 理念についての研究
  • 会員企業の企業訪問プラス経営発表

リーダーシップ委員会

  • 可能思考研修の参加促進
    (現在SA修了100% SC修了81% PSV 修了77.2% TT修了41.8%)
    (目標SA SC PSV90% TT受講者5名)
  • リーダーシップの研究
  • 業績アップワンポイントセミナーの斡旋(目標15名)
  • 会員企業の企業訪問プラス経営発表

経営戦略委員会

  • 9月の全国経営発表大会の主催 参加促進
    (発表者10名アドバイザー20名 参加者総勢 30名)
  • 経営計画書作成100%(現状60%)
  • 戦略についての研究
  • 会員企業の企業訪問プラス経営発表

総務拡大委員会

  • 11月の全国特別研修の幹事 参加促進(参加者30名)
  • 会員増強の情報入手 進捗管理(現状85名 目標120名)
  • 千葉経営研究会の例会参加促進 例会のフォロー
  • 新入会員さんのフォロー、会全体を考えた例会の開催
  • 会員企業の企業訪問プラス経営発表